新型コロナウイルス感染症に対する東洋医学の考え方

新型コロナウイルス感染症に対する東洋医学の考え方

 

最近、ある論文を拝見しました。その論文を読み、感染症に対する東洋医学の考え方をまとめてみようと思います。

「感染症=同じ症状が出る」というわけではありません。そもそも感染症とは、病原体が体に侵入し、症状が出るのですが…同じ感染症に感染しても、症状が現れる場合と現れない場合、または軽症で済む場合など個人差があります。感染症となるかは、病原体の感染力や個人が持っている体の抵抗力とのバランスが大きく影響します。

 

東洋医学では、体と心をひとつのものとして捉え、その人の体質や生活習慣、体内バランスの乱れが病気の原因であると考えます。局所的な治療を行うのではなく、人の持つ自然治癒力を高めることで心身のバランスを整え、症状の改善を目指します。

私が拝見させていただいた論文でも、症状を改善させる為ではなく、感染予防・重症化予防としての内容でした。

東洋医学としての治療で、最も得意とするのが病気になる前の治療です。健康と病気の間には必ず、病気へと進んでいく段階があり、この状態を「未病(みびょう)」と呼びます。

例えとして…

健康=火事になる前(未病(みびょう)=“ボヤ”の状態)

病気=燃え広がった火事

 

火事になったら、消火する為に大量の水が必要です。しかし、ボヤの状態であれば少量・必要な量の水で済みます。これを病気に例えると、最低限必要な薬や治療で症状を改善(軽快)させていくことが出来るのです。

その他、東洋医学の考え方で注目すべき点は、“その人に合った治療を行える”という点です。年齢や体質、持病、生活環境などは人それぞれ違います。

東洋医学では、オーダーメイド仕立てのように、個人に合わせた治療・薬の処方を行えるのです。

 

さて、この未病と呼ばれる状態をどのように治療していくのかというと、自然治癒力(生体防御機能)を高めることです。

基本となるのは、養生(ようじょう)です。規則正しい3食の食事・適度な運動・休養など基本的なことですが、この基本的なことを行えていない方は現代人に多いと思われます。多忙な現代人には、ゆっくり食事を摂り、ゆっくりと眠る時間を確保することは難しいのです。しかし、養生という本来の目的は“今よりも明日、そして来年・・・健康でいられる為に”という目的があります。前向きに健康になろうとする考え方が大切です。

 

栄養

 

食養という言葉があります。食養の興味深いのは、「食べたもの全てが吸収され、栄養になるわけではない」という考え方があるということです。というのも、人それぞれ栄養の消化吸収率は違うからです。消化出来ずに溜まってしまったものは、負担となって蓄積し、未病の原因となります。自分に合った食事を行うことが食養であると考えています。

ポイントとしては・・・

①季節の食材を食べる

旬の野菜や魚介類は栄養価も高く、季節に合わせて体を温めてくれたり、熱を放出させてくれたり良い食養を行うことが出来ます。

②よく噛んで食べる

唾液の分泌がよくなることで、消化がよくなります。噛むことで満腹中枢を刺激し、過食を防ぐことにも繋がります。腹八分目を心がけましょう。

③決まった時間の食事

こちらは現代人の悩みと言えます。残業など、決まった時間に食事をすることが難しい場合が多々あります。そんな方にはまず、寝る前の食事をやめることから始めてみて下さい。寝る前の食事は、消化されずに胃で停滞し胃腸に強い負担をかけてしまいます。

④冷たいものは摂り過ぎない

冷たい飲食物は芯から体を冷やしてしまい、消化が悪くなるばかりでなく、新陳代謝の低下にも繋がります。生野菜よりも温野菜…少し温かいものを飲食するように心がけましょう。飲食物だけでなく、冷えは万病の元と言われています。体を温めることを意識してみましょう。

 

養生・食養から考えられることは、胃腸が弱ると生体防御機能も低下するということです。近年、免疫力となる働きは約60%が腸にあると言われています。風邪をひいたり、なんとなく体調が悪い時、お腹の調子を崩したり、食欲不振になった経験のある方は多いのではないでしょうか?

また、ストレスと腸にも深い関わりがあり、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンなども、そのほとんどが腸にあると言われています。ストレスを感じた時、緊張している時など、お腹の調子を崩す方が居ますよね。それらは、ストレスと腸が関連しているからなのです。

「“乳酸菌”を摂っているから元気!」というお話や、CMなどで放送されていたり、多数の商品があるように、近年では「免疫力=腸内環境」というのは皆さんご存じかと思います。

しかし、いくら良いとされている乳酸菌などを摂っていても、機能そのものが働かなければ意味がありません。

まず、腸内環境や胃腸機能そのものを正常に働かせていくことが大切です。

東洋医学の考え方では、病気になる前(症状として現れる前)に、正常な状態を保つことが重要であると考えます。これに見合った薬として、膽肚羅丸(たんとらがん)があります。膽肚羅丸はまさにこの考え方に添ったお薬です。

 

膽肚羅丸(たんとらがん)って?

“自然できれいに”を皆様にご紹介させていただいている通り、7つの生薬のみでつくられた和漢胃腸薬です。生薬の中にも、大きく分けて3つに分類されます。

上品…作用が穏やかで長期服用しても副作用の心配がなく体質を強くする。他の薬の副作用を軽減する。

中品…少量で短期間であれば副作用の心配なく新陳代謝を高め水際で病気をせき止める。

下品…治す作用は強いが副作用を伴うこともあり服用する量や期間に注意する。

 

 

和漢胃腸薬の膽肚羅丸(たんとらがん)は、上品と中品の生薬を絶妙なバランスで配合しております。その為、長期服用に適した胃腸薬であると考え、皆様にご紹介をさせていただいております。

7つの生薬の中でも、特に注目度が高まってきているのが“コウジン”です。以前にもご紹介させていただいていますが、コウジンは今回の特集に関して、“温める”ことと関係性が深いです。(血行促進)免疫力が正常に働く、保たれるのは約36.5℃であると言われています。1℃下がると免疫力は約30%低下する…これは、恐ろしい事ですよね。体温の低下は、機能の低下に繋がるのです。“温めること=機能向上”と考えられます。なぜなら、1℃上がることによって最大5倍程度アップするとも言われており、体温を上げることの重要性がわかります。現代人は、生活習慣などにより低体温傾向にあり、これを改善することが大切であると考えられています。

温める作用としては“ケイヒ”もあります。別名:シナモンと呼ばれ、私たちにも馴染みがありますね。最近では、糖尿病に対しての効果も期待が高まっているようです。

その他では、“カンゾウ”です。私たちの1番身近な生薬であると言えます。お菓子や醤油などの甘味料として使用されているのです。“自然できれいに”や、食養のお話とも重なりますが、日常的に体に取り込まれているものは安心であると考えます。“カンゾウ”は他の生薬との調和をする役目もあり、重要な生薬です。その名の通り、肝機能向上に効果が期待されます。肝機能の低下が起こると、解毒など体の機能が低下してしまいます。生体機能向上には、是非取り入れてもらいたい生薬です。

そして“オウバク”の殺菌効果は、感染症に対しても効果が期待されます。“オウバク”は、大腸菌・チフス菌・コレラ菌などに対して強い殺菌作用が認められています。

“センブリ”も配合されていますが、昔から苦味健胃胃腸薬として使用されてきた身近な生薬であり、唾液や胃液の分泌を促進することによって、消化機能を高める効果があると言われています。

このように、膽肚羅丸は“自然できれいに”、体に優しいお薬としてつくられています。

 

様々な感染症がある現代。医学は確かに進歩しています。しかし、全ての感染症・今後新しく発見される感染症までは把握できていません。

古来の人々も、未知のウイルス・細菌・病と闘いながら生きてきました。現代の私たちにも、闘うことが求められています。

どうすれば良いのか?私たち人間が感染症に負けない体を作り上げていくしかないのです。本来持っている私たちの体の機能を高めてあげることが、これからの私たちの健康と生活には大切であると考えます。

闘いに備えた体つくり・心の準備は必要です。

“自然できれいに”。今までも、そして、これからの私たちにも1番似合う言葉ではないでしょうか?

元気な胃腸で、元気な毎日・・・そのお供に膽肚羅丸ですね!

コラムに対するご意見、お待ち致しております。
医薬品に関しては、薬機法等の関係上、コメントを公開させていただくことが難しい場合もございます。
その場合は、個別にメールにてご返信させていただきます。

コメントする