老若男女の健康を胃腸から支える伝統の和漢健胃腸薬「膽肚羅丸(たんとらがん)」より引用

老若男女の健康を胃腸から支える伝統の和漢健胃腸薬「膽肚羅丸(たんとらがん)」より引用

タレントのダンカン(飯塚実)さんに取材いただき、月刊「MASTERS(マスターズ)」に掲載いただきました。以下に引用させていただきます。

<以下、月刊「MASTERS(マスターズ)」企業は人なり〜その人物像を探るシリーズ。老若男女の健康を胃腸から支える伝統の和漢健胃腸薬「膽肚羅丸(たんとらがん)」より引用

老若男女の健康を胃腸から支える伝統の和漢健胃腸薬「膽たんとらがん肚羅丸」胃腸をはじめ、消化吸収分解に関する器官に幅広く作用する和漢健胃腸薬「膽肚羅丸」。その効果と効きの速さ、自然由来による安心感で、長年にわたり新潟県で広く親しまれてきた。明治創業の『足髙藥品』は、そんな同薬
をはじめ様々な医薬品を扱う「配置薬」の老舗業者だ。
タレントのダンカン氏が同社を訪れ、四代目・足髙社長に「膽肚羅丸」や配置販売業について伺った。

地域の一軒一軒に寄り添い続ける創業110 余年の老舗配置販売業者

─御社は古くより、いわゆる「配置薬」を扱ってこられたそうですね。まずは会社の沿革からお聞かせ下さい。

創業は明治36 年にまで遡ります。創業者の足髙伊一が、地元・奈良県から各地区を行商として訪問開拓していったことに当社の起源があります。鉄道もない時代でありながら、廻商地域は宮城、福島、東京・伊豆七島、埼玉、静岡、滋賀、そして長野、新潟と、非常に広範囲にわたっていました。第二次世界大戦後より、こちらの長野、新潟、福島を拠点として事業を展開するようになり、昭和58 年には法人化して『足髙藥品』を設立。私で四代目となります。

─今も行商の名残を残す配置販売業を手掛けられているのですよね。

ええ。新潟県内の事業者や一般家庭を対象に、医薬品等の商品を無料でお預けしています。定期的に訪問し、お客様がご使用された分だけ代金をいただくというシステムです。
「配置薬」は日本独特の薬の販売形態であり、現代の形態の基を成す姿は江戸時代中期以降に起こりました。明治の西洋化による大変革、また第二次世界大戦前後という物資統制、困窮、インフレの時代を経てもなお、先人たちの不断の努力により連綿と受け継がれきた業態ですから、私たちしかできない役割があると感じております。

─なるほど。その役割とは、どのようなものだとお考えですか。

最近の医薬品の販売制度の改正により、新配置販売業ができ、従事者として活動できる者は「薬剤師」と「登録販売者」の資格を有する者になりました。当社は、この新たな配置販売制度を採り入れ、ご
家庭を一軒ずつ訪問し、それぞれのお客様に適切な情報とお薬等をご提供しています。また、お薬等の服用方法や注意事項、個々のお客様への健康のアドバイス、その他色々なご相談のお相手をするためには、お客様の情報を把握することも大事になります。そうした個々のお客様の情報は決して口外せず、漏らすことなく厳守することを私共の責務とし、お客様の信頼を守ることを大切にしています。そんな信頼関係を基本として、お客様一人ひとりに密に寄り添い、細かな要望にまで適切に対応して、健康な暮らしをサポートしていく。それこそが我々の役割でしょうか。

─お客様一人ひとりを熟知して、適切な医薬品を提供する。非常に多くの知識が求められるお仕事でしょうね。

ええ。知識はいくらあっても足りないですが、その役割に足りうるだけの能力を配置員は持っているのです。実際、配置員の中には薬剤師の免許がないにもかかわらず、漢方の専門家として医学会で講演をする方もいらっしゃるのですよ。

悪酔い予防にも効果有り!高品質でリーズナブルな「膽肚羅丸」

─ところで、御社では現在「膽肚羅丸」という商品をメインに扱われているそうですね。どのような医薬品なのでしょう。

従来の健胃薬にも非常に優れたものもあるのですが、一方で身体を冷やす働きが強く、特に高齢者や便秘症の方などには、日頃から利用していただくには適さない部分があると思い、長年の経験から「膽肚羅丸」をご紹介させていただいております。「膽肚羅丸」は、従来の和漢健胃腸薬にも含まれるセンブリ、オウバク、カンゾウの他、身体を温め機能を活性化させるケイヒ、そして特に重要な高麗人参(コウジン)、さらには油物の分解を助けて胃腸のバランスを整える熊胆(ユウタン)、牛胆(ギュウタン)が配合されています。

─高齢者をはじめ、より老若男女を問わず飲みやすい和漢健胃腸薬であると。どちらでお買い求めできるのですか。

当社の関連会社『足髙本店』が製造販売元となりますので、そちらのWeb サイトよりご購入いただけます。2019 年からは「Amazon Pay」でのご購入も可能となっていますね。価格は1 包で140円(税別)。高品質のものをより多くの方々に使っていただければという想いで、できるだけお求めやすい価格に設定しております。

「膽肚羅丸」は、生薬のみで処方された和漢健胃腸薬です。ストレスによる胃腸の弱りの改善に、特に中高年の方々は胃腸の機能低下の改善維持に、また男女を問わずお酒などを召し上がる時、悪酔い・
二日酔いの予防改善に、ご利用いただいております。また、高校生の方が不思議に気分が落ち着くと、試験前などにご利用になる例もあります。このように非常に幅広い方々から、胃腸に係る色々な症状、目的にご利用いただいております。

東洋医学の考えをご紹介しますと、体と心を一つと捉え、体内のバランスを整えること、これが病に対する予防であり、また治療と考えるようです。

─日本では西洋医学が中心となっていますから、なかなか漢方の効果については知られていない部分も多いですよね。

そうですね。当社では「膽肚羅丸」の他にも100 種類に及ぶ薬を扱っており、主体としているのは漢方薬を含む生薬製剤、つまり自然由来の成分が入った医薬品です。たとえば、昨今はインフルエンザが流行っていますが、「麻黄湯」や「葛根湯」はインフルエンザの新薬と同じ効果があり、一方で副作用については、あまり心配せずに用いることができるとのことです。

─それは知りませんでした! 生薬や漢方薬の情報を発信するという意味でも、御社の存在は大きいことでしょうね。では最後に、次の世代を担う方々へのメッセージをお願いいたします。

「配置薬」は今もなお、お客様の健康のために役立つことができる業態です。
我々にしか提供できないものがあるということを、常に肝に銘じながら、新しい知識を自分自身で蓄えていってもらいたいですね。そして、これまで受け継がれてきた伝統を、今後も末永く継承していってほしいです。私自身もそのための努力を続けていきたいと思っています。

膽肚羅丸の効能

「膽肚羅丸」は、7 種の生薬のみで作られた和漢健胃腸薬だ。日本古来より親しまれてきたセンブリなどを主成分とし、胃腸の働きを常に正常に保つことを目的としている。

主な効果・効能は、胃もたれ、胸やけ、消化不良、胃弱、胸のつかえ、食欲不振、食べ過ぎ、飲み過ぎ、胃部・腹部膨満感、吐き気、二日酔・悪酔など。あくまでも目的は「胃腸の働きの正常化」であるため、胃の不快感・不調など症状が出た時にだけ飲むのではなく、普段から飲んでおくことによって未然に胃の不調を防ぐことが可能だ。西洋薬は常用するとかえって身体の機能のバランスが崩れてしまうこともある。しかし、和漢薬は常用することで身体の機能を円滑に働かせ、本来の健康を取り戻すことができるものもある。

最近は全国から注文や問い合わせが寄せられているという「膽肚羅丸」。全身の健康の源となる胃腸の正常化に、ぜひ一度活用してみてはいかがだろうか。

After the interview
ダンカン
「足髙社長のお話から『配置薬』の意義深さを知ることができました。薬全般についても豊富な知識をお持ちで、非常に勉強になることばかりでしたね。中でも『膽肚羅丸』の効能は非常に興味深く、対談時に一包いただいた他、帰り際にもまとまった量をいただいてしまいました。年齢を重ねて胃腸の不調を感じていましたから、ぜひ日頃から常用させていただきます! 社長も末永くお元気で、これからも事業を通じて地域の健康を支え続けていって下さい」

代表取締役社長
足髙 有祐
奈良県葛城市出身。大学卒業後、『国際電信電話株式会社』に就職。3年ほど勤め、父親の体調悪化に伴い、家業の『足髙藥品』に加わる。配置員としての業務からスタートし、経験を積んだ後、四代目として代表取締役に就任。『足髙本店』の代表取締役も兼任する。

足髙藥品 株式會社
新潟県南魚沼市余川1526-4
URL:http://www.ashitaka-yakuhin.co.jp
URL:https://tantragan.com(足髙本店)

(取材/ 2018 年12 月)