「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の役割」について

2020年04月18日発行の「日本医事新法」No.5008に、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の役割」渡辺賢治(横浜薬科大学特別招聘教授)他という論文が掲載されました。   その内容は … 続きを読む「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する漢方の役割」について

「不老不死の薬」と言われる高麗人参をさらに蒸して乾燥させる黒高麗人参とは?

黒高麗人参について “高麗人参”という名前を聞いたことはありますか? 高麗人参は古くから中国や朝鮮半島、日本においてよく知られている薬草です。 古来から、疲労回復・食欲不振・血行不良・冷え性などの改善などに服用されていま … 続きを読む「不老不死の薬」と言われる高麗人参をさらに蒸して乾燥させる黒高麗人参とは?

何故加齢で胃腸の調子が悪くなり易いのでしょうか?

何故加齢で胃腸の調子が悪くなり易いのでしょうか? 加齢とともに起こる胃腸の衰え 加齢とともに、様々な身体的・精神的な衰えを感じてきます。 「足腰が弱くなった」「寝つきが悪くなった」「物忘れが増えた」・・・など、個人差はあ … 続きを読む何故加齢で胃腸の調子が悪くなり易いのでしょうか?

置き薬屋が選ぶこの時期におすすめの常備薬とは?

常備薬の準備は整っていますか? 新型コロナウイルス感染拡大のニュースが毎日放送されていますね。 都市の封鎖も検討するとの報道や、休日の不要不急の外出自粛、ティッシュペーパー・トイレットペーパーの品薄など様々な情報が飛び交 … 続きを読む置き薬屋が選ぶこの時期におすすめの常備薬とは?

現在医師の約8割が漢方薬を処方している。注目されている背景とは? 

漢方は、中国が起源の日本の伝統医学です。

体調不良や病気があるときに、昔から飲まれている漢方ですが、最近では医療現場で使用される機会が増えてきました。

病院では今まで、西洋医学を中心とした医薬品の処方がされていましたが、なぜ医師も勧めるほど注目されているのでしょうか。

今回は、医師が漢方を勧める理由や処方薬と違いなどについて紹介していきます。

続きを読む現在医師の約8割が漢方薬を処方している。注目されている背景とは? 

副作用リスクが少ない薬とは?

「胃腸薬を選ぶ際に重要視したい点は?」

「胃腸の健康に関するアンケート」をお願いした結果、「副作用が少ない薬」が一位でした。即効性がある薬は、効きが良いものが多い反面、長く使用する、或いは、常備薬としての使用を考えた場合、副作用等のリスクも気になるところ。

薬には効能やリスクに対して国で定められたいくつかの分類があります。それに応じて薬を製造・販売するための申請をし、許可を受けて出荷することができます。

許可を受けた後も、製造方法や検査等厳しい基準があり、それらをクリアしてはじめて市場に出荷されます。

副作用リスクが少ない薬とは?薬の分類とは?「薬の働き」「薬のメカニズム」を踏まえた上で、今一度現在飲んでいる薬や今後選んで購入する薬を検討することが重要です。

続きを読む副作用リスクが少ない薬とは?

梅雨のダルさ…ありませんか? ~湿気による不調に関する漢方薬について~

梅雨のダルさ…ありませんか? ~湿気による不調に漢方薬を~   これから始まる梅雨。毎年の事とは言え、憂鬱ですよね。 梅雨の時期、体調を崩す方も多いはず…毎年の事だからと我慢せず、対策や予防を行ってみましょう。 … 続きを読む梅雨のダルさ…ありませんか? ~湿気による不調に関する漢方薬について~

「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?

いよいよ令和最初の梅雨入りに。ようやく5月病と言われる春の身体のだるさややる気が起きない気分から抜け出したと思ったら、次は、この湿度の多い、ジメジメする梅雨入りへ。 この時期のだるさを、「梅雨だる」といいます。 何故「梅 … 続きを読む「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?