副作用リスクが少ない薬とは?

副作用リスクが少ない薬とは?

「胃腸薬を選ぶ際に重要視したい点は?」

「胃腸の健康に関するアンケート」をお願いした結果、「副作用が少ない薬」が一位でした。即効性がある薬は、効きが良いものが多い反面、長く使用する、或いは、常備薬としての使用を考えた場合、副作用等のリスクも気になるところ。

薬には効能やリスクに対して国で定められたいくつかの分類があります。それに応じて薬を製造・販売するための申請をし、許可を受けて出荷することができます。

許可を受けた後も、製造方法や検査等厳しい基準があり、それらをクリアしてはじめて市場に出荷されます。

副作用リスクが少ない薬とは?薬の分類とは?「薬の働き」「薬のメカニズム」を踏まえた上で、今一度現在飲んでいる薬や今後選んで購入する薬を検討することが重要です。

薬の働き

薬の働きには、大きく分けて以下のような機能があります。

  1. 原因を取り除く
  2. 症状の改善
  3. 症状が出るのを予防する
  4. 検査 診断に使用す

 

人間の身体には、もともと「自然治癒力」が備わっていて、健康的な生活を心がけることでその働きが活発化します。

 

一方、不規則な生活、偏った食事、ストレス等によって自然治癒力が低下すると、例えば病原菌の侵入を防ぐことができず、なかなか回復できない、症状が悪化する、などの不調がおきてきます。

 

そのような時に、身体を健康な状態に戻すような働きをするのが医薬品です。

医薬品は病原をなくし、症状を改善することで自然治癒力をサポートします。

 

医薬品だけで不調が治ると思っている方も多いですが、我々が元々持っている自然治癒力が意外と大きな力を発揮しています。なかなか治らない不調などには、この自然治癒力を目覚めさせることを意識して、生活習慣の改善や、補助としての医薬品を活用することが重要です。

 

西洋医学では、身体を構成する細胞や臓器に異常が起きた時病気になると考えられています。検査の結果、検査値に異常が見つからなかった場合、安心して病院から帰る気持ちは毎回ほっとしますね。

 

一方、身体の不調は改善されないままになっている場合があります。細胞や臓器に異常がなくても、体質や体内のバランスの乱れなどが既に起きていて、なんらかの不調や症状も出ている場合があります。

 

その未病や前兆と言われる段階から、予防も考慮して治しておく考え方。

「個の医学」といわれる東洋医学では、病気が引き起こす様々な体の反応に着目して、人間が持つ治癒力を高めながら、心身のバランスを整える治療をしていきます。

 

症状が治まったら薬を飲むのをやめる。それでは、病気としての症状が出る前の段階は治っていない可能性があります。一定期間は続けて服用することで、治癒力を高め、正常に近づけていく。もちろん、生活習慣の見直しも同時にしていく必要があります。

 

上記の4つの薬の働きの3.「症状の出現を抑える」=「抵抗力を高める」は、まさに東洋医学の考え方が近いと考えられます。

 

薬が効くメカニズム

薬が身体の不調に効いていくまでのメカニズムは、以下の通りです。

「薬を飲む」と、多くの薬が「胃で消化され」、「腸で吸収」されます。そして「肝臓で処理」され、一部は腎臓でろ過されますが、血液へ流れ、患部へ届いていきます。

血液中の薬の濃度を「血中濃度」といい、薬が安全に効果を発揮するためには、それら濃度が適量である必要があり、薬の用法・用量等で定められています。服用量が多すぎると、副作用等の原因になります

 

薬の種類

「医薬品」とは、病気の「診断」「治療」「予防」を目的とした生命の関連する製品で、配合されている有効成分の効果が厚生労働省より認められたものです。

医薬品の種類としては、大きく分けると、以下の2つがあります。

  1. 医療用医薬品

    1. 医師の処方性が無いと購入にできない医薬品
  2. 一般医薬品

    1. ドラッグストアで処方せんなしに購入できる医薬品

市販薬は、上記の一般医薬品にあたります。

 

ドラッグストアで販売されている胃腸薬はほとんど第2類医薬品

先日あるドラッグストアの胃腸薬の棚の前で、そこに陳列されている胃腸薬を片っぱしから調査しました。結果、ほとんどの胃腸薬が「第2類医薬品」ということが分かりました。

市販薬(OTC医薬品)は成分等により、使用方法の難しさ・飲み合わせ・副作用などのリスクが高い順に以下5つに分類され、リスクに応じた情報提供が義務付けられています。

 

  1. 要指導医薬品

OTC薬として初めて市場に登場したものなど、十分な注意が必要な医薬品

  1. 第1類医薬品

日常生活に支障をきたす程度の副作用が起こることがある医薬品の中で、使用に関し特に注意が必要な一般用医薬品

  1. 指定第2類医薬品

次の第2類医薬品の中でも、特に注意を要する成分が含まれている医薬品を、指定第2類医薬品といい、②類医薬品又は2類医薬品のように表示されます。風邪薬や鎮痛剤の多くはこの分類です。

  1. 第2類医薬品

日常生活に支障をきたす程度の副作用が起こることがある一般用医薬品。

  1. 第3類医薬品

第1類・第2類以外の一般用医薬品
リスクが低く、比較的安全に長い期間使用され続けられてきた医薬品です。副作用で、日常生活に支障をきたさない程度の、変調や不調が起こることがあります。

効果がきちんと出ているであれば、リスクが少ない医薬品を選ぶことで、副作用リスクを低減できます。

 

副作用が起きる主な原因

薬は必要なところで効果的に働くだけでなく、目的以外の好ましくない作用は「副作用」と呼ばれています。副作用が起きる主な原因には、以下4つがあります。

  1. くすりの性質

治療する目的と違う部位で作用してしまうケース、目的以外の作用が出るケース

  1. くすりの使い方

飲む時間、間隔、量などの間違いや他の薬、食品などとの飲みあわせで起こるケース

  1. 飲む方の体質や生活習慣

年齢、性別、体重、嗜好品などの影響

  1. その時の病状によるもの

病状や体調がよくない時は薬の悪影響を受けやすい

 

副作用リスクを低減させるためには?(市販薬を飲む場合)

もちろん副作用の少ない薬を選ぶことが最も重要ですが、リスク低減には主に以下のようなポイントが重要となります。

 

  1. 決められた用法用量を守る。適正使用が不可欠。
  2. 説明書の「使用上の注意」をよく読んでおく。
  3. 「何か変だ」と感じたら、すぐ医師または薬剤師に連絡する。

 

膽肚羅丸(たんとらがん)は、第3類医薬品の7つの生薬を主成分として作られた和漢胃腸薬(健胃薬)です。

胃腸薬の中では第3類医薬品は少なく、また、健胃薬には胃を冷やす性質の生薬が多いです。

健胃生薬は古来から使用されていましたが、古くは 現在と生活環境が違い、胃腸の障害といえば「炎症」が多かったと思われます。そのため健胃生薬は胃腸を冷やす働きがあるものが多く使用されていきました。

しかし、生活環境が変わった現代では、胃腸の冷えによる不調もおおくなりました。

夏の時期、冷たいものを飲み過ぎると胃が不調になる経験をお持ちの方は多いと思いますが、胃腸は冷やしすぎてはいけません。

膽肚羅丸には、ケイヒ、カンゾウ、希少薬であるコウジン(紅蔘)を配合しています。コウジンというのは高麗人参です。またこれも希少薬ですがユウタン(熊胆)、熊の胆。ギュウタン(牛胆)は牛の胆汁です。こういったものを加えることによって、より現代の方々に適した胃腸薬としての配合を考えてつくられています。特にコウジン(紅蔘)は身体を温めてくれる作用があります。

 

たんとらがん(膽肚羅丸)も是非試してみてください。

只今、無料お試しキャンペーン実施中!「胃腸の健康」に関する簡単なアンケートにお答えいただき、ご注文いただくだけで、1名1回6包に限り無料でプレゼントいたします。
お申込みはこちらから→たんとらがん無料お試しキャンペーン応募

 

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

コメントする