現在医師の約8割が漢方薬を処方している。注目されている背景とは? 

現在医師の約8割が漢方薬を処方している。注目されている背景とは? 

漢方は、中国が起源の日本の伝統医学です。

体調不良や病気があるときに、昔から飲まれている漢方ですが、最近では医療現場で使用される機会が増えてきました。

病院では今まで、西洋医学を中心とした医薬品の処方がされていましたが、なぜ医師も勧めるほど注目されているのでしょうか。

今回は、医師が漢方を勧める理由や処方薬と違いなどについて紹介していきます。

実は多い!医師が漢方を処方している割合

病院では、個人個人の不調や病気に合わせた治療を行っていますが、漢方は幅広い診療で内服薬として利用されています。

現在医師の約8割が漢方薬を処方してます。漢方を利用している具体的な診療科については下記の通りです。

 

(引用:m3.com│漢方薬を処方する医師の割合は81.2%)

表のようにさまざまな治療で漢方は利用されていることが分かります。

その中でも、

  • 精神科 7%
  • 産婦人科 5%
  • 呼吸器科 8%
  • 消化器科 8%

上記の診療での漢方の利用が多い傾向があります。

 

なぜ漢方は今注目されているの?

 

漢方は、ある特定の症状に効果があるというよりも、未病・不定愁訴(自覚症状はあるが、検査値に異常は見られないこと)の症状にも効果が期待できるものです。

 

現代では、ストレスからくる倦怠感や、高齢化にともない、加齢による不調に悩む人が増えてきています。

 

病院の検査では特に問題なくても不調が続くような場合、局部よりも身体全体を改善し健康を維持させるような治療が必要となってきています。その点から漢方薬はとても注目されているのです。

 

また、すでに西洋薬を利用している人が、薬の量を減らすために利用しているケースも増えてきています。

 

医師専門サイトのm3.comのアンケート調査では、

胃部不快感、イライラがあった患者さんに六君子湯(リックンシトウ)を処方したところ、全ての症状が軽快したこと【開業医】

 

胃弱で痩せた人の、効能書き通りの人に人参湯でばっちり。中年以上のコロコロ便には麻子仁丸(マシニンガン)で感謝されますよ【勤務医】

(引用:m3.com│予想以上に効いた漢方、内科系編)

 

このような医師の声があげられています。

 

漢方薬は第3類医薬品に分類されるので、薬局やインターネット通販などで手軽に購入することができます。

 

そのため、最近では「病院に行く時間がなくて困っている」「病院は苦手。できれば薬は飲みたくない」という方にもよく利用されています。

 

検査には引っかからないけど、胃腸の不調にお悩みの方。膽肚羅丸もお試し下さい

胃腸の不調にお悩みの方は、ぜひ膽肚羅丸を試してみてはいかがでしょうか。

膽肚羅丸は、新潟の配置薬として、ご家庭の薬箱に入っている胃腸薬で、永くご使用いただいています。

ご購入はこちらのリンクよりお買い求めいただけます。→膽肚羅丸(たんとらがん)の販売ページ

膽肚羅丸の無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

膽肚羅丸の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

 

コメントする