副作用リスクが少ない薬とは?

「胃腸薬を選ぶ際に重要視したい点は?」

「胃腸の健康に関するアンケート」をお願いした結果、「副作用が少ない薬」が一位でした。即効性がある薬は、効きが良いものが多い反面、長く使用する、或いは、常備薬としての使用を考えた場合、副作用等のリスクも気になるところ。

薬には効能やリスクに対して国で定められたいくつかの分類があります。それに応じて薬を製造・販売するための申請をし、許可を受けて出荷することができます。

許可を受けた後も、製造方法や検査等厳しい基準があり、それらをクリアしてはじめて市場に出荷されます。

副作用リスクが少ない薬とは?薬の分類とは?「薬の働き」「薬のメカニズム」を踏まえた上で、今一度現在飲んでいる薬や今後選んで購入する薬を検討することが重要です。

続きを読む副作用リスクが少ない薬とは?

「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?

いよいよ令和最初の梅雨入りに。ようやく5月病と言われる春の身体のだるさややる気が起きない気分から抜け出したと思ったら、次は、この湿度の多い、ジメジメする梅雨入りへ。 この時期のだるさを、「梅雨だる」といいます。 何故「梅 … 続きを読む「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?

日本人の1/4が花粉症??何故多い?花粉症対策のために何をすべき?

毎年早いと1月から始まり、5月末頃まで、約半年近く、言い換えると人生半分近くの期間悩まされる花粉症。目が痒くなり、くしゃみは連発、鼻水は止まらず、ひどいと咳まで出てきます。

皆マスクが手放せない。日本ではインフルエンザや風邪予防でも冬マスクをつける人が多く、さらに花粉症の方は春も含めて1年間でマスクつけてない日数を数える方が早いという国になってきました。

第一生命経済研究所は、花粉症で外出を控える等の個人消費への影響を考慮すると、その経済的損失は約7500億円を超えるという試算を出しています。確かに、マスクや点鼻薬は売れるかもしれないですが、外に出た時のあの辛さを考えると守りに入ってしまいますよね。

続きを読む日本人の1/4が花粉症??何故多い?花粉症対策のために何をすべき?