女性特有の不調はなぜ起こる?胃腸の不調との関係について

女性特有の不調はなぜ起こる?胃腸の不調との関係について

女性のカラダはリズムや体調が変化しやすく、さまざまな不調が起こりやすい傾向があります。

不調が続くと、どうしてもメリハリのない生活を送りがちになってしまい、どうにか直したいと思っている女性は多くいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は女性特有の不調の原因や改善におすすめの方法について紹介していきます。

不調の原因はホルモンバランスの乱れ?

「イライラ」「肌荒れ」「気分の落ち込み」などの体の不調はホルモンバランスの乱れからきていることはよく耳にしますよね。

女性ホルモンは、生理や月経、出産のほかにも、若々しさや美しさ、自律神経にも深い関わりがあります。

このホルモンバランスの乱れとは、女性ホルモンを分泌する器官のどこかの働きが弱まり、ホルモンがスムーズに分泌されていない状況のことです。

ホルモンがスムーズに分泌されないと、ホルモンに深いかかわりのある部分がうまく働けず、月経不順や無月経、肌荒れ、頭痛めまいイライラなどの症状が発症してしまうのです。

ホルモンバランスはなぜ乱れるの?

女性ホルモンがスムーズに分泌されなくなる原因は大きく分けて3種類あると言われています。

ストレス

ホルモンバランスは、女性にとってストレスのバロメーターと言われるほど大きく関係しています。

人間関係や、育児や家事、仕事内容など、生活の中でストレスを感じる場面が多い現代社会では、ホルモンバランスが乱れてしまう女性が多くいるかと思います。

解決策として気持ちをゆっくり落ち着かせてよく睡眠を取ることをおすすめします。

ただ寝ようとするだけではなく、睡眠前一時間はスマートフォンやPCなど明るい光を避け、ぬるま湯に浸かり内臓の体温をあげるなどして、しっかりと体を休める準備をすることが大切です。

食生活

過度なダイエットや、飲み過ぎや、喫煙、栄養バランスの偏った食生活も、ホルモンバランスの乱れの原因です。

ホルモンバランスを整えるには、ある食材を多くとると良いというわけではなく、バランスのとれた食事が大切です。

肉類や、豆類、青魚、きのこ、いも、野菜、海藻、などバランスよく摂取することをおすすめします。

献立を作る時間をとれないという方は、とりあえずカロリー低めで、いろんな食材を食べることを心がけるようにしましょう。

 

年齢

女性ホルモンが分泌される量は生まれた時から30代中盤まで少しずつ増え、そこから60代までにかけて減っていきます。

ホルモン分泌のピークの20〜40歳以外の時期はホルモンの分泌量が少なく、良く言う「思春期」や「更年期」の症状が現れます。

女性特有のライフステージごとの体の変化やストレス

女性はライフステージごとに、さまざまな体の変化が起こります。

思春期

8歳~19歳の思春期はカラダや精神が大きく変化する時期です。

【体の変化】

皮下脂肪で体が丸みおびて胸が膨らむ

陰毛や脇毛が生える

思春期前半で月経が始まる

思春期後半で月経周期が安定する

【ストレス】

「心」と「体」が大きく成長。しかし、成長スピードが速すぎることで心身のバランスが崩れやすい。

更年期

更年期は、46歳~55歳までの時期で、分泌されるホルモンの量が下がる時期です。
特にエストロゲンの減少が、粘膜にも大きく作業することから、胃粘膜を弱めることが考えられます。

また、この時期、減少するホルモンに身体が対応しようと、自律神経が乱れがちになること。
この世代は、人生の折り返し地点を迎えており、様々な転機にストレスを感じやすく、胃のダメージを受けやすい。

これが、更年期世代の胃の不調の原因となります。

【体の変化】

  • 更年期障害が始まりやすい
  • 女性ホルモンの低下によりさまざまな体の不調が起こりやすい

【ストレス】

  • 女性ホルモンのバランスの乱れにより、自律神経や精神状態が不安定になる
  • 人生の転機で、ストレスを感じやすい

この時期によくある症状として、

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 発汗
  • イライラ
  • 不眠
  • 胃もたれなどの胃腸の不調

が挙げられ、これらのことは「更年期障害」と呼ばれています。

特にこの中でも胃の不調は、下痢や便秘、ムカムカや吐き気のほかにも食欲も減ってしまうため、食生活の面での改善が難しくなってしまうため、漢方の力を借りる女性が多くいらっしゃいます。

 

女性特有の不調の改善を目指すなら膽肚羅丸を試そう

更年期障害の胃腸の不調などを改善したい場合は「薬」ではなく「漢方」を利用することをおすすめします。

薬には、不調を打ち消す効果がありますが、漢方は体の機能を向上させる効果が期待できます。

お悩みの方は漢方薬の膽肚羅丸(たんとらがん)を試してみよう

漢方薬の膽肚羅丸は、「コウジン末」「センブリエキス」「オウバク末」などの胃腸の調子を整える生薬はもちろん、「センブリエキス」「ケイヒ末」「ユウタン」「ギュウタン」といった、胃腸の不調に効果的な生薬が配合されています。

漢方薬は、毎日続けて飲むことで、じっくりと体に効いてくるので、体の中から改善を目指すことができます。

 

たんとらがん無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

コメントする