夏の胃の不調「夏バテ、食べられないから回復しない」悪循環を解消!

~夏の「胃腸バテ」を気にせず美味しいものを食べたい!~

夏の到来とともに、ジワジワと襲ってくるのが夏バテ。「どのメニューを見ても食欲がわいてこない・・・」というわけで、ついつい冷たいものや麺類ばかりを選んでしまいがち。なんて人も多いのではないでしょうか。

胃腸にとって過酷な季節へ突入するわけですが、こんな思い込みをしていませんか?

“夏は食欲が減退しがち…でも、麺類や水分中心でヘルシーかも♪”

それ、間違ってます!!特に女性に多い思い込みですね。(;´∀`)

ムンムンとした暑さという魔物のせいで、食欲は減退します。冷たい麺類や水分中心の食生活でパパっと済ませてしまう方も多いはず。

なかにはビールとおつまみだけで済ませちゃう…なんて方も居たりします。

あっさり系の食事が続き、体重が減ってラッキー♪なんて思う女性も多いのです。でも!!それは大きな間違い。

どう考えても健康的ではない食習慣を、好都合なダイエットにすり替えてしまうのはカラダにとってとても危険なことなんです。

冷麺、ジュース、アイスクリームなど・・・冷たい飲食物を摂り過ぎれば、胃腸が急激に冷やされて胃腸の働きも低下傾向に。

すると、消化しにくくなり栄養分がうまく取り込めない状態になります。

本来の正しい胃腸の機能が働かなくなるので、胃もたれや栄養不足の症状が出てしまい体調全般がすぐれない状況に陥ってしまいます。

カラダの中では冷やされた体温をもとに戻す為に体内のエネルギーをフル稼働し、必死に体温調節を行います。

結果、カラダ全体が疲れきってしまい、体力低下・疲労蓄積などが起こり、さらに食欲も低下します。

まさに夏バテ負のスパイラルモードです。(泣)

夏の環境も原因の一つです。外の暑さと冷房がきいている室内の温度差が激しいと自律神経のバランスが崩れ、消化機能が低下することにより食欲不振・胃もたれなどの症状が起こるのです。

このように胃腸が疲れてくると、以下のような症状が起こり始めます。

■食前・食後に胃がムカムカする(胃もたれ)

■軟便 ■下痢 ■吐き気 ■肌荒れ ■口角炎・口内炎

※口の周りは胃の状態を表すと言われています。口角炎や口内炎が出来たら、胃腸が疲れているサインかも?

このような症状が出てくると、食欲がさらに減退し、カラダ中の栄養素が全般的に不足する為、胃腸機能はさらに低下してしまいます。

そして、夏の暑い季節に注意したい飲食物の組み合わせは“ビール”と“焼肉”です。消化の悪いお肉の脂と、冷えたビールとを一緒に取ってしまうとさらに消化が悪くなります。冷えたビールが美味しい季節ですが・・・温かい料理と組み合わせるなど、消化が良く胃腸を冷やさない食べ方が大切です。

その他、食事面で夏バテ予防となるのは、豚肉(脂身以外)・枝豆・ゴマです。これらは、発汗によって失われたビタミンB1を多く含む食材です。ビタミンB1が失われると疲労物質が溜まり、胃腸の消化力・吸収能力が低下します。

また、食欲がない時はトマトがおススメ!なるべく冷やさずに常温で食べましょう。すりおろしたタマネギのドレッシングとの組み合わせはビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

気力が出ないと感じるときは、消化の良いお粥やスープを。

 (【夏におすすめのメニュー】  

~豚肉と夏野菜の白和え~

レシピ:

・豚ロースしゃぶしゃぶ用:100g

・赤ピーマン:1個 ・キュウリ:1本 ・豆腐:1/2丁

(☆)すりゴマ:大さじ1 オリーブオイル:大さじ1 塩:小さじ1/4

醤油:小さじ1 黒コショウ:少々

※お好みですりおろしタマネギや、調味料の付け足しも!

豚ロース肉をしゃぶしゃぶします。赤ピーマン、キュウリは食べやすい大きさにカットし蒸しましょう。あとは(☆)の調味料を合わせ、豆腐と豚肉・野菜を和えて出来上がり!

キュウリと豆腐で熱を取り、赤ピーマンと豚肉、ゴマでビタミン補給が出来ます。夏野菜はカラダの熱を取る働きがありますが、冷やしたままでなく少し蒸すのがおススメです。

疲れを取るにはたんぱく質が欠かせません。胃腸が回復してきたら、カツオやウナギなどを食べてスタミナ補給をしましょう!

 

と言っても、食欲や気力がない時もあります。“好きな物なら食べられる”“食べやすい物を・・・”と思ってしまうのは仕方のないことです。

夏バテの悪循環に陥らない為には、日頃からの体調管理・胃腸管理が大切なのです。

膽肚羅丸は胃腸を温めるコウジンが入っています。冷えて胃腸機能の低下や、食べられないカラダを作ってしまう前に、膽肚羅丸で夏バテ予防をしましょう!

漢方は徐々にカラダの調子を元の状態に戻す効果が期待できて、下痢や便秘の解消につなげることができます。

下痢や便秘で悩んでいる方は、漢方薬の「膽肚羅丸」を試してみてはいかがでしょうか。

たんとらがん無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

 

~夏の胃腸バテを気にせず美味しいものを食べたい!~

夏の到来とともに、ジワジワと襲ってくるのが夏バテ。「どのメニューを見ても食欲がわいてこない・・・」というわけで、ついつい冷たいものや麺類ばかりを選んでしまいがち。なんて人も多いのではないでしょうか。

胃腸にとって過酷な季節へ突入するわけですが、こんな思い込みをしていませんか?

“夏は食欲が減退しがち…でも、麺類や水分中心でヘルシーかも♪”

それ、間違ってます!!特に女性に多い思い込みですね。(;´∀`)

ムンムンとした暑さという魔物のせいで、食欲は減退します。冷たい麺類や水分中心の食生活でパパっと済ませてしまう方も多いはず。

なかにはビールとおつまみだけで済ませちゃう…なんて方も居たりします。

あっさり系の食事が続き、体重が減ってラッキー♪なんて思う女性も多いのです。でも!!それは大きな間違い。

どう考えても健康的ではない食習慣を、好都合なダイエットにすり替えてしまうのはカラダにとってとても危険なことなんです。

冷麺、ジュース、アイスクリームなど・・・冷たい飲食物を摂り過ぎれば、胃腸が急激に冷やされて胃腸の働きも低下傾向に。

すると、消化しにくくなり栄養分がうまく取り込めない状態になります。

本来の正しい胃腸の機能が働かなくなるので、胃もたれや栄養不足の症状が出てしまい体調全般がすぐれない状況に陥ってしまいます。

カラダの中では冷やされた体温をもとに戻す為に体内のエネルギーをフル稼働し、必死に体温調節を行います。

結果、カラダ全体が疲れきってしまい、体力低下・疲労蓄積などが起こり、さらに食欲も低下します。

まさに夏バテ負のスパイラルモードです。(泣)

夏の環境も原因の一つです。外の暑さと冷房がきいている室内の温度差が激しいと自律神経のバランスが崩れ、消化機能が低下することにより食欲不振・胃もたれなどの症状が起こるのです。

このように胃腸が疲れてくると、以下のような症状が起こり始めます。

■食前・食後に胃がムカムカする(胃もたれ)

■軟便 ■下痢 ■吐き気 ■肌荒れ ■口角炎・口内炎

※口の周りは胃の状態を表すと言われています。口角炎や口内炎が出来たら、胃腸が疲れているサインかも?

このような症状が出てくると、食欲がさらに減退し、カラダ中の栄養素が全般的に不足する為、胃腸機能はさらに低下してしまいます。

そして、夏の暑い季節に注意したい飲食物の組み合わせは“ビール”と“焼肉”です。消化の悪いお肉の脂と、冷えたビールとを一緒に取ってしまうとさらに消化が悪くなります。冷えたビールが美味しい季節ですが・・・温かい料理と組み合わせるなど、消化が良く胃腸を冷やさない食べ方が大切です。

その他、食事面で夏バテ予防となるのは、豚肉(脂身以外)・枝豆・ゴマです。これらは、発汗によって失われたビタミンB1を多く含む食材です。ビタミンB1が失われると疲労物質が溜まり、胃腸の消化力・吸収能力が低下します。

また、食欲がない時はトマトがおススメ!なるべく冷やさずに常温で食べましょう。すりおろしたタマネギのドレッシングとの組み合わせはビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

気力が出ないと感じるときは、消化の良いお粥やスープを。

 (【夏におすすめのメニュー】  

~豚肉と夏野菜の白和え~

レシピ:

・豚ロースしゃぶしゃぶ用:100g

・赤ピーマン:1個 ・キュウリ:1本 ・豆腐:1/2丁

(☆)すりゴマ:大さじ1 オリーブオイル:大さじ1 塩:小さじ1/4

醤油:小さじ1 黒コショウ:少々

※お好みですりおろしタマネギや、調味料の付け足しも!

豚ロース肉をしゃぶしゃぶします。赤ピーマン、キュウリは食べやすい大きさにカットし蒸しましょう。あとは(☆)の調味料を合わせ、豆腐と豚肉・野菜を和えて出来上がり!

キュウリと豆腐で熱を取り、赤ピーマンと豚肉、ゴマでビタミン補給が出来ます。夏野菜はカラダの熱を取る働きがありますが、冷やしたままでなく少し蒸すのがおススメです。

疲れを取るにはたんぱく質が欠かせません。胃腸が回復してきたら、カツオやウナギなどを食べてスタミナ補給をしましょう!

と言っても、食欲や気力がない時もあります。“好きな物なら食べられる”“食べやすい物を・・・”と思ってしまうのは仕方のないことです。

夏バテの悪循環に陥らない為には、日頃からの体調管理・胃腸管理が大切なのです。

膽肚羅丸は胃腸を温めるコウジンが入っています。冷えて胃腸機能の低下や、食べられないカラダを作ってしまう前に、膽肚羅丸で夏バテ予防をしましょう!

漢方は徐々にカラダの調子を元の状態に戻す効果が期待できて、下痢や便秘の解消につなげることができます。

下痢や便秘で悩んでいる方は、漢方薬の「膽肚羅丸」を試してみてはいかがでしょうか。

たんとらがん無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?

いよいよ令和最初の梅雨入りに。ようやく5月病と言われる春の身体のだるさややる気が起きない気分から抜け出したと思ったら、次は、この湿度の多い、ジメジメする梅雨入りへ。 この時期のだるさを、「梅雨だる」といいます。 何故「梅 … 続きを読む「梅雨だる」それはカラダの「湿気負け体質」が原因?

日本人の1/4が花粉症??何故多い?花粉症対策のために何をすべき?

毎年早いと1月から始まり、5月末頃まで、約半年近く、言い換えると人生半分近くの期間悩まされる花粉症。目が痒くなり、くしゃみは連発、鼻水は止まらず、ひどいと咳まで出てきます。

皆マスクが手放せない。日本ではインフルエンザや風邪予防でも冬マスクをつける人が多く、さらに花粉症の方は春も含めて1年間でマスクつけてない日数を数える方が早いという国になってきました。

第一生命経済研究所は、花粉症で外出を控える等の個人消費への影響を考慮すると、その経済的損失は約7500億円を超えるという試算を出しています。確かに、マスクや点鼻薬は売れるかもしれないですが、外に出た時のあの辛さを考えると守りに入ってしまいますよね。

続きを読む日本人の1/4が花粉症??何故多い?花粉症対策のために何をすべき?