秋の胃の不調  9月以降に発症する「秋バテ」の原因と解消方法

秋の胃の不調  9月以降に発症する「秋バテ」の原因と解消方法

「秋バテ」は夏の疲れや、朝晩の気温差、冷房に慣れた体が気温の変化についていけず、「食欲がなく、胃がもたれる」「疲れやすい」「眠りが浅い」などの症状を引き起こすと言われています。

秋の胃の不調、寒暖差や内臓の冷えにより食欲低下、疲労、めまいなど 9月以降に発症する秋バテの原因と解消方法についてお話します。

夏から秋の変わり目で体調崩した経験のある人は、調査を行った半数以上の71%でした。気温が下がり始めたタイミングで不調を感じる人が多い結果となりました。

(※調査:㈱セブン&アイ・ホールディングス)

(調査方法:インターネット調査 調査対象:全国10~50歳男女 500回答)

 

「秋バテになったことがありますか?」という質問には29%の人が「なったことがある」と回答しました。しかし、「秋バテになったことがない」と回答した人の9割が体調不良を経験しているのです。

つまり、秋バテと認識はないが、秋バテの可能性が高いのです。

特に「疲れやすい、ダルイ」と感じている人は約6割近くおり、次いで、「寝不足で朝スッキリ起きれない」「無気力」など、秋バテの代表的な症状と言われる症状を感じている人は意外にも多くいることがわかりました。

 

夏バテとの違い

<夏バテ>暑さのせいで体力や食欲が低下しダルさや、元気がない

発症時期:7~8月の夏真っ盛り

<秋バテ>寒暖差や内臓の冷えにより食欲低下、疲労、めまいなど

発症時期:9月以降

 

調査でもわかるように、秋バテは具体的な病名がつくものではないため、自覚する人が少ない症状です。しかし、秋バテを放っておくという事は、乱れた自律神経や弱った免疫力をそのまま放置することにも繋がります。弱った体は様々な病気や、症状をもたらす可能性があるので要注意!

 

「初めて秋バテを感じた年齢」について聞くと、意外にも約40%の人が10代という結果でした。「秋バテ」に関しては、年齢に関係なく症状があるようです。

また、思い当たる原因について尋ねると「冷たい飲み物」を飲んだと回答したのは約50%、「冷房の効いた部屋で過ごした」と回答したのは約40%でした。秋バテの原因は「冷」がキーワードと考えている人が多いようです。

対処方としては、男女ともに「ゆっくり入浴して温まる」、「温かいものを食べて体を温める」など日々の生活の中で、簡単に取り入れられる食事や入浴で対処している方が多いようです。

事実、「保温」と「栄養摂取」は対策として効果的です。内臓の冷えを解消することが大切なので、下記のような方法をおすすめしています。

 

①靴下や腹巻などを活用し、3つの首「首元・手首・足首」といった体の末端や体の芯を温める

②なるべく湯船に浸かるようにして、疲労を翌日に残さない

③寒暖差を考慮して外出時に上着を1枚持参し、体を冷やさない

④飲み物は常温・食べ物は温かいものを摂取するように心がける

⑤消化の良いものを食べるように心がけ、胃腸の負担を減らす

⑥ビタミン・ミネラルなどの栄養を含んだ食材を摂るようにする

 

膽肚羅丸は胃腸を温めるコウジンが入っています。冷えて胃腸機能の低下や、食べられないカラダを作ってしまう前に、膽肚羅丸で秋バテ予防をしましょう!

漢方は徐々にカラダの調子を元の状態に戻す効果が期待できて、下痢や便秘の解消につなげることができます。

下痢や便秘で悩んでいる方は、漢方薬の「膽肚羅丸」を試してみてはいかがでしょうか。

たんとらがん無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

たんとらがん増税直前 30包2割増量(36包)キャンペーン→ https://tantragan.com/

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

 

コメントする