胃腸の不調が体調不良の原因?!免疫力と胃腸の関係

胃腸の不調が体調不良の原因?!免疫力と胃腸の関係

「最近、胃腸の調子が悪く体調が優れない」とお悩みではないですか。

実は、胃腸の調子が悪いと、風邪などの不調になりやすくなります。なぜなら、胃腸は免疫力ととても深い関係があるからです。

そのため、胃腸の不調がなかなか改善されず、そのままにしてしまうと、さまざまな病気の原因となる可能性も出てきます。

ただ、免疫力と言われてもどのように良くすればいいかわからない。胃腸の

調子を整えるためにいろいろ試しているけど改善されないという方もいるでしょう。

そこで今回は胃腸と免疫力との関係や、胃腸の調子を整えて免疫力を高める方法について紹介していきます。

 

免疫力の低下が招く胃腸の不調

体には免疫機能があり、免疫力があることで健康な状態に保ちます。

具体的には、体の外から侵入する「細菌」や「ウイルス」の除去はもちろん、体内で絶えず発生している「がん細胞」の除去などに働いています。

この免疫力の源となっているのが、

  • マクロファージ
  • 好中球
  • リンパ球

などのさまざまな種類の白血球からなる免疫細胞です。

 

免疫細胞にはそれぞれ役割分担が見られ、壊死した細胞を処理している細胞もあれば花粉などを含めた異物の排除を担当する細胞もあります。どの免疫細胞も体温が上がると活動が活発になり、下がると機能が低下するのが共通しています。風邪やインフルエンザを発症すると熱が出るのは、体温が高いと免疫細胞が活発になるからでもあります。

 

こうした免疫力は胃腸の活動とも連動していて、内臓が冷えて免疫力が低下すると胃腸の調子も悪くなる特徴があります。体温が1℃下がると白血球の活動力がおよそ3割も低下すると言われ、これに伴って胃腸の働きも低下してしまいます。

このような理由から免疫力が下がると胃腸は不調になるということが言えるでしょう。

 

また、女性は熱を発生させる筋肉の量が男性より少ないため胃腸が冷えられやすく、免疫力が低下しやすい傾向があります。胃腸が冷えられると臓器の血流が悪くなり、免疫力を運ぶ白血球が十分に行き渡らなくなり機能低下につながりやすくなるのです。

免疫力を司る腸の働き

免疫細胞は全身に分布していますが、全体の6割から7割ほどは腸に存在すると言われています。腸に多くの免疫細胞が集中しているのは、食物を通じてそれだけ多くの病原菌やウイルスが体内に侵入している証拠です。

どれほど新鮮で衛生管理された食品でもまったくの無菌状態ということはなく、ある程度の細菌やウイルスが含まれることは避けられません。鮮度が落ちた食品では菌がさらに増殖していますが、腸内に集結した免疫細胞が鉄壁の守りを固めているため、通常はよほどのことがない限り食中毒は起こしません。

 

一方で腸内には善玉菌や悪玉菌など約100兆個もの腸内細菌が存在し、免疫細胞とのバランスを保ちながら共存しています。悪玉菌でさえ免疫機能を高める役割を果たしているだけに、一種の必要悪と見なされるほどです。腸は生まれたばかりの免疫細胞が訓練を行う場にも使われており、腸で鍛えられた後に全身の免疫を担うようになる細胞も少なくありません。

 

ストレスや食生活の乱れ・運動不足などの原因で腸の免疫力が低下すると、全身の免疫機能にも悪影響が及ぶ可能性が出てきます。腸が丈夫でめったに下痢や便秘をしないという人は免疫力も高く、風邪や病気にかかりにくいものです。

胃腸を整える漢方薬

免疫力を高めて病気にかかりにくい体質に変えていくには、腸を整えるような日常生活上の工夫が不可欠です。胃腸は自律神経の働きでコントロールされているため、睡眠やストレスの影響を受けやすくなります。

胃腸を整えるには規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜め込まないように運動や趣味の活動などで適度に発散させることが大切です。

免疫力を高めるには食事の工夫も重要で、免疫細胞の材料となるタンパク質やビタミン・ミネラルの摂取が欠かせません。お腹が冷えやすい人は深部体温も低い傾向にあるため、腹巻きなどを使って温める工夫をすることが腸の免疫力低下を防ぐのに効果的です。

しかし、以上のような工夫を実践しても胃腸の調子がなかなか改善されない場合は「漢方薬」を試してみる方法もあります。

 

漢方薬は習慣的に服用することで、緩やかに胃腸に働きかけるような作用があることが一つです。

 

例えば、コウジン末・カンゾウエキス・ユウタンなどの生薬を症状に合わせて服用することで胃腸が弱い体質も改善され、臓器の血行促進や炎症抑制が免疫力アップにつながります。胃腸の調子が整ってくると腸内の免疫も強化されて全身の免疫力が高まるため、さまざまな病気を予防できるようになるのです。

 

和漢胃腸薬の「たんとらがん」は、前述したコウジン末・カンゾウエキス・ユウタンはもちろん、センブリエキス・オウバク末・ケイヒ末・ギュウタンといった7種類の生薬がバランス良く配合されているので、胃腸の調子を整え免疫力向上に働きかけてくれます。

胃腸を健康に保ち、免疫力向上を目指したい方は、ぜひ「たんとらがん」をお試しください。

たんとらがん無料お試しキャンペーン実施中→ https://tantragan.com/campaigntantragan/

たんとらがん(膽肚羅丸)の詳しい説明は、こちらから→たんとらがんについて

足高本店では、和漢胃腸薬、たんとらがんを通販でご紹介しております。たんとらがん(膽肚羅丸)はこちらからご購入できます。→たんとらがん通販ページ

*足高本店、足高社長によるたんとらがんの説明インタビューはこちらから https://tantragan.com/6073/

 

コメントする